ブックメーカーとカジノ法案の関連性

カジノ法案が成立したことを受けて、日本でもカジノが解禁され日本人が参加できる状況になりました。カジノ法案が通ることで賭博法を改正しなくてもカジノが行えるようになっています。ここで問題になるのがブックメーカーに関することです。ブックメーカーも言うならば賭博にあたり、賭博法で処罰されてもおかしくないものですが、現実的には白でも黒でもないと言われています。

これはブックメーカーを主催しているのがイギリスの企業であり、そこで行っている分にはセーフというものです。日本人がラスベガスに行ってカジノをしても処罰されないように、イギリスが仕切っているブックメーカーで遊ぶ分には何ら問題がないということになりますが、完全にセーフとは言い切れない曖昧な状況にあるのもまた事実であり、カジノ法案の成立に伴い、その部分がどのように取り扱われるのか多くの人が気になった部分です。

結論から言えば、IRのエリアの中で行われるカジノに関してはセーフ、エリア外で行われるカジノはアウトというような形で運用されることになりました。賭博法を改正しなくてもいわゆる例外を設けることでセーフにするというやり方になっています。

もしブックメーカーが日本でも合法になる場合には、IRの中に設置してもらうような形にするか、それとも賭博法の改正かということになりますが、現実的なのは前者です。ブックメーカーを認めろという外圧がない限りはなかなか認められませんが、IRの中にブックメーカーを設置してほしいというような要望があればチャンスはあります。日本でも合法化されるような形になれば、堂々と遊ぶことができるので日本のカジノが成功することを期待せずにはいられません。

ページ上部へ戻る