ブックメーカーで利益を得たときの税金について

ヨーロッパなどでは合法的に賭け事のサービスを行っているブックメーカー業者が存在しています。政府からライセンスを受けて営業をしているために、合法的なサービスで、主にスポーツベットを楽しめます。ブックメーカーに登録をして資金を投入した結果、利益を上げたときには税金がどうなるのか気になるのではないでしょうか。スポーツベットなどで稼いだお金は一時所得に分類されます。反復的に利益を上げているわけではありませんので、一時所得の場合には利益の中から50万円を差し引いた分に税金が発生します。

雑所得の場合には利益全体に税金がかかってしまうために、一時所得のほうが節税ができます。一般的にブックメーカーのサービスは海外の企業が行っているものですので、日本の海外発行のデビットカードやエコカードを使ってATMから出金をしたことを税務署が把握することは難しいと考えられます。銀行と税務署はデータを共有しているわけではないために、把握されないものと考えておいて良いでしょう。雑所得であれば20万円以下まで確定申告をする必要はありません。

また、経費として支出した資金であれば、業務に必要だった経費としてみなされますので利益からは除外されます。ブックメーカーのスポーツベットの場合には、チームの状態を見るために出張することや、研究のために雑誌や新聞を購入すること、オンラインTVに契約することなどは経費に含まれると判断できます。経費にかかったお金が多ければ、それだけ利益の部分が削減されますので、節税につながります。スポーツの試合にベットして得た利益を申告したとしても、税務署から質問を受ける可能性は低いですので、安心してプレイを楽しんで良いと言えます。

ページ上部へ戻る