ブックメーカーのオッズの仕組みを把握する

もしこれからブックメーカーに取り組むことを検討しているのであれば、まずはオッズの仕組みについて把握しておく必要があります。特に国内で競馬や競輪などをやったことがある経験がある人は、それらとは仕組みが大きく違うことを理解しておかなければなりません。ブックメーカーの場合、オッズに関してはあらかじめ運営会社が決めることになります。

国内の公営ギャンブルでは、賭けられた累計金額からあらかじめ25%程度が差し引かれ、残りをユーザーで分配することになります。したがって、どういった結果になったとしても、必ず運営側が利益を得られる仕組みとなっています。しかしブックメーカーでは、あくまでも運営会社がオッズの倍率を決めるため、場合によっては運営側が損失になる可能性もあります。

もちろん実際は、しっかりと利益が得られるように上手く調整をしますが、それでも人間が決めていることなので穴が生じることもあります。したがって、ブックメーカーで勝つことを目指すなら、そこを狙っていくことが非常に大事になってきます。少しでもオッズの倍率が高い時に賭けるようにして、的中した時の配当をより大きくすることが重要なポイントとなります。

ブックメーカーの場合は、賭けた時点でのオッズが適用されることになるため、そこから急激に倍率が下がってしまう心配をする必要はありません。あとは、情報収集をしっかりと行った上で、どれに賭ければ勝てる可能性が高まるか考えていくようにしましょう。もちろん、最初のうちはブックメーカーの仕組みに慣れるだけでも大変でしょうし、まずは少ない金額で色々なスポーツや賭け方にチャレンジしてみて、少しずつ経験を積んでいくといいでしょう。

ページ上部へ戻る