リスティング広告でのインプレッションとその効果

リスティング広告でのインプレッションとは広告が表示された回数です。ページビューが表示されたページなのに対しこちらは広告が表示された回数なのでページビューの回数(インプレッション)となります。リスティング広告においてこれはメインとして利用する一つになります。広告が審査に通ったら開始しますが初めて行う場合やバージョンの意向で起こり得るトラブルにアカウントの「配信設定」をOFFにしている事です。配信をしない設定になっているので表示されないわけです。またキーワードをあまりにも条件を厳しく設定したり地配信地域設定や配信先デバイスや曜日・時間帯などの配信スケジュールしてしまうことも広告の表示が減る要因です。

一般的にリスティング広告の表示回数が増えるとそれだけ利用者の目につくのでクリックされる確率が上がります。キャンペーンや広告グループやキーワードの状態や改善のポイントを簡単に把握することができる重要な指標(シェア)はこれにつながっています。具体的には「表示回数÷表示される可能性があった推定値」になり例えば条件にあった検索の利用が100回あり表示が50回あったらだいたい50%のシェアになります。しかしこの数値はクリックされる保証ではありません。よって表示回数だけでなくクリックされやすい環境へ改善することも行うのがより効果を上げるポイントです。

健康食品のホームページと初期費用としてまず一般的な手法でまかなえます。第一に作るののに掛かる費用(イニシャルコスト)はほぼ確実にかかる最低の初期費用です。リスティング広告を自作するか外注にして代行とかしてもらうかも初期費用のコストに差が出ます。自作する場合初心者でもあっという間にLPが作れるサービスを提供するサイトがありランディングページを作るツールも存在するので作ること自体は難しくありません。自作する場合はコスト削減効果もありますが何度も修正ができることも挙げられます。LP作成ソフトも出ているので利用するならばカンタンに作れる何度も修正することができる点や直感的に作れることやレスポンシブ対応になっているかやWordPress設置型テンプレート仕様であるかが選択する場合の目安です。自作するにしてランディングページのオファーやメッセージが利用者に反応を取れるページに作ることができないなら外注が安全です。ちなみにその後システムやサービスを使い続けるならばランニングコストがかかります。

ページ上部へ戻る