インハウスリスティング広告の特徴と利点について

代理店に任せず内製化する方法です。
リスティング広告を制作する事は、広告に掲載してある商品やサービスに対する興味関心を持つユーザーを集める事が出来るメリットがあります。
ネット広告の場合、広告を目にするユーザーは興味や関心などに関係なく、表示される事になります。
これに対してリスティング広告は特定のキーワードを検索した時だけ表示されるため、興味関心を持った上でアクセス行動を行うなどの特徴があります。
一般的に、こうした広告は広告運用を代理店に任せているわけですが、最近は代理店に任せるのではなく自社で内製化を行うインハウスが主流になりつつあります。
しかしながら、インハウス化しても再び代理店に運用を依頼するカムバック検討を行うケースも少なくありません。

インハウスリスティングは成功と失敗を分けるポイントがあります。
リスティング広告をインハウス化しても、再び代理店に運用を任せたいケースもあります。
内製化を行えば運用費などが掛からないメリットもありますが、インハウスリスティングを成功に導くためのポイントは、媒体の最新情報収集を徹底する、運用以外の施策を常に考える事です。
リスティング広告の周囲は常に変化が起きているため、情報収集が肝になって来ます。
代理店に運用を任せる場合には、情報を代理店から入手が出来ますが、インハウスリスティングの場合には社内の担当者が情報収集をしなければ変化について行く事が出来なくなります。
さらに、情報の中には代理店だけにしか届かない最新情報も存在しており、幅広い情報収集が必須になるため、代理店を上手に活用するなどが成功に導くコツとも言えましょう。

運用以外の施策について。
内製化する事のメリットは代理店マージンが要らない、施策や運用のスピードアップが図れる、ノウハウを社内で蓄積出来る、そしてリスティング効果を他に活かす事が出来るなどがあります。
これらは運用上の中でのメリットですが、コンバージョン率を向上させる場合、運用だけの視点で向上するための改善は難しく、それには限界があります。
ウェブページの改善やスマートフォンユーザー向けに専用サイトを作成するなどのサイト改善の視点も必要になりますし、リスティング広告で集客を行い、ウェブサイトやランディングページの誘導で接客になるため、集客と接客の両者で結果向上を見るための意識づくりが必須です。
内製化の場合、視野が狭くなりがちですが、運用以外の施策を考える事が成功に繋がります。

ページ上部へ戻る