リスティング広告配信時の表示される位置について

オンラインで広告を配信するときに、インターネットユーザーから広告が見える位置は、とても重要です。表現内容がよく、良い製品を紹介している広告でも、目立ちにくいところにあれば、広告がクリックされる頻度は減ります。リスティング広告を配信すると、広告文はユーザーの検索画面の上位に表示されます。広告文は、何件か続けて表示されることが一般的です。このとき、リスティング広告では、上位に位置しているものが、インターネットユーザーからクリックされやすくなります。リスティング広告を配信しても、上位に表示されなければ、クリックされることが少なくなってしまい、広告の効果は落ちてしまいます。リスティング広告では、表示される位置を、設定である程度コントロールすることができます。

表示される順位を上にするためには、まず、払う広告料金を増やす方法があります。支払う広告料金が高くなれば、上位表示される確率は高まります。ただ、払う料金だけ増やしても、広告の品質スコアを上昇させなければ、他社の広告がさらに上位になることがあります。品質スコアを上げるためには、過去の広告のクリック率、広告と検索ワードの関連性、誘導先のランディングページの利便性が重要です。特に、ランディングページの利便性は忘れられやすく、広告と誘導先の関連性が低くても、広告が表示される位置は下がってしまいます。リスティング広告で、広告が配信される位置は、料金と品質スコアを掛け合わせた、広告ランクによって変わります。そのため、支払う広告料金を増やしても、品質スコアが低いままだと、広告ランクはあまり上がりません。

リスティング広告をし、集客で大きな効果を出すためには、誘導先のランディングページが特に重要です。広告を配信する際には、広告文だけに意識が向くことが多いですが、表示順位には誘導先の利便性も、大きな位置を占めています。ホームページとコーディングの関係性は、リスティング広告を配信とき、忘れてはいけません。ランディングページを作成する場合、すべて画像で制作する方が、作業としては簡単です。しかし、テキスト部分は、画像ではなくテキストで書く、コーディングを行ってしないと、品質スコアは上昇しません。そのため、ランディングページをすべて画像で制作すると、リスティング広告での表示順位は、下位になってしまいます。テキスト部分で書くべきところは、テキストとして処理することが最適です。

ページ上部へ戻る