リスティング広告を上手に運用するためのコツを知ろう

リスティング広告は、ユーザーが特定のキーワードを設定することによって検索結果のページの上位にテキスト広告が表示される仕組みとなっており、基本的にはその広告をクリックして課金させるため、運用型広告として位置づけられています。運用のために最低限、知っておきたいコツをここでは紹介します。まず、リスティング広告を提供している媒体社といえばグーグルとヤフーの2本柱が有名ですが、どちらも均等に配信するというよりは、ターゲット層に合わせてどちらに重きを置くかということも考えてみましょう。

例えば、ヤフーの場合はパソコンからの使用率が高いため、日中にネットサーフィンをするビジネスマンや年配の方を対象にする場合は、ヤフーを中心に実施してみるとターゲット層をマッチングしやすくなります。そしてリスティング広告を実施する上でとても大切なことは、キーワード設定です。狙っているキーワード検索者に広告を届けることが目的ではありますが、その言葉を検索したときに他のアカウントが多数リスティング広告として上位に上がってくる場合、ライバルがたくさんいるということです。

すでに競合が存在しているとき、設定しようと狙っているキーワードのクオリティスコアを上げるには、新規のアカウントは時間がかかってしまいます。クオリティスコアとは、リスティング広告で設定しているキーワードがどれくらい検索されており、さらに広告表示からどれくらいクリックされているかどうかを媒体のシステム上で判断し、表示の優先順位が決まるという仕組みです。そのため、目的のターゲット層の心理状態などをよく考え、想定されるキーワードをいくつも考えて設定するようにしましょう。

そして運用中でも、キーワードを減らしたり増やしたりすることはできます。設定されていてもなかなか検索されていないキーワードは思い切って削除し、逆にたくさん検索されていればそのキーワードに比重を置いてコストをかけるなど、運用中でも効率よくPDCAを回すことができます。表示されるテキスト広告については、ユーザーが検索したときにどのような情報を知りたいのかよく考えた上で、興味深い文章を考案しましょう。このように、媒体の選び方、キーワードの設定方法をよく考えた上でリスティング広告を始め、運用中の期間でも随時キーワードや表示されるテキスト広告を見直して効率化させていくことを前提とした考え方が、上手に運用させるためのコツです。

ページ上部へ戻る