リスティング広告を運用代行を利用した場合の費用について

代理店に依頼するメリットとは。
リスティング広告を代理店に依頼した場合のメリットには代理店が最新情報を持っているので、情報を活用する事がしやすくなる、運用代行スタッフの力量が高ければリスティング広告の効果も高くなるなどのメリットがあります。
逆に、運用代行を代理店に依頼するデメリットは、考え方や施策などがワンパターンになる事がある、広告規模に応じてマージンよりもコストが多く掛かる事もあるなどがあります。
尚、リスティング広告は運用代行を利用する事なく、自社内で内製化させる事も可能で、これをインハウスリスティングと呼んでいます。
インハウスリスティングは、代理店に支払う費用がゼロになるメリットがありますが、リスティング広告は日々変化するニーズに対する施策が必要不可欠です。
そのため、常に情報収集を行う姿勢や最新情報に適した広告の改善などが求められます。

運用代行費用と効果について。
リスティング広告を運用代行に一任すれば、自社の中では特別なリサーチを行う事なく、自分達の仕事に専念が出来るメリットがあります。
逆に、インハウスリスティングは代理店を利用せずに運用する形になるので、費用も掛からないメリットがあります。
しかしながら、リスティング広告は年々複雑さを増している、運用を行うスタッフの力量で結果が変わるなどの特徴を持っています。
広告を設置しても検索結果への出現回数が少ない、回数が多くてもクリックするユーザー数の獲得が今一つである、クリックするユーザー数は確保出来ているけれども、ランディングページの中で商品購入、サービス利用、資料の問い合わせ件数などが伸び悩んでいるなどでは広告を設置した意味がありません。
運用代行を利用する時は実績を多く持っているなど、基本的な条件を満たしている会社を選ぶ事が費用対効果を期待する事が出来ます。

健康食品のHPのキャッチコピーについて。
リスティング広告をクリックしたユーザーが最初にアクセスする事になるのがランディングページです。
ランディングページは長手のウェブページで、スクロールをしながらウェブページの中に記載してあるコンテンツを閲覧する、コンテンツの中で魅力を感じたユーザーは商品購入、サービス利用手続きなどのステップに移行する事になりますが、ランディングページを途中で閉じてしまうユーザーが多い場合にはランディングページの改善が必要です。
尚、ランディングページの中ではキャッチコピーなどの文字サイズを大きくするなど、目立つようなデザインを作り上げる事も大切です。

ページ上部へ戻る