リスティング広告の運用と求人の関係

リスティング広告の運用の求人で求められるのは広告を作り上げる技術力だけではありません。まず審査を通る広告作成のスキルは基本で最低限のスキルとも言えます。未経験者でも育成するタイプの求人なら0からスキルをつけることになりますが道のりが険しくなります。求人をしているところを探すとなると業者によって違いがあるのが他と違う点です。よってリスティング広告を代行する業者や様々なインターネットの仕事のジャンルを展開しその一つにリスティング広告の運用を上げるタイプと業者によって傾向が変化します。ただこのジャンルの仕事は広告に効果的なキーワードの発掘や無駄なキーワードがないかのチェックと手直しが延々続くパターンのためその単調さで離職率が意外に多い分野です。広告専門ではなく幅広くインターネットの仕事の種類を増やすことで単調な仕事にしない業者もいるので言ってしまえば業者次第です。

一方求人のリスティング広告の運用の場合は一般的なリスティング広告をこれに当てはめて制作することになります。商品を仕事内容に当てはめます。例えば通常は商品を買うメリットとなるところを仕事に就職した場合どんなメリットがあるかに差し替えるわけです。特に先行きに希望が持てるならベネフィット(一般的に顧客が得られる未来)が明確なので求人率が増える手法です。またクリックしたくなるテクニックとしてキャッチコピーも有効です。例えばオノマトペを加えることで印象が良くなる場合があります。「あなたにあった職が見つかります」「あなたにあった職がガンガン見つかる」では前者より後者の方が直感的に効果があるように感じるといった具合です。

健康食品のHPと実績としては健康食品のリスティング広告は薬事法の都合上他よりもハードルが高いことが定説です。そのため健康食品に特化していると非常にありがたがられる傾向です。よってアルバイトから中途採用まで様々な求職者を求められるジャンルです。またランディングだけでなくレイアウトや画像のデザインなどの一般的なWEBスキルを持っていると凡庸性が高くなるので価値が高くなります。業者としても健康食品や同じように薬事法によって広告作成がシビアな化粧品などに特化したWEB制作をするところもあります。健康食品のジャンルはパソコンよりスマートフォンでの利用者が二倍も違うのでスマートフォン向けのスキルが高いこともポイントが上がります。

ページ上部へ戻る