リスティング広告は検索ページの一覧広告です

インターネットの検索エンジンを利用して情報収集を行う人は多いと言えますが、検索を行う時には何を調べるのかに応じてユーザーが自ら検索のためのキーワードを考えます。
最近の検索エンジンは単語などのキーワードだけでなく、文章を入力しても検索が出来る便利な時代です。
例えば、温泉を探している人が検索を行う時には温泉地名などを入力して検索を行う事が多いと言えますが、温泉に入るとお腹空くので温泉地とグルメなどのキーワードを含めた文章を考えて検索を行った場合、検索キーワードにマッチしているサイトが一覧表示されるなどのメリットもあります。
後は、検索一覧の中から目的を達成出来るウェブページを見つければ良いわけです。

検索結果のページにはウェブサイトへのリンク以外の広告が表示されます。
この広告は検索キーワードが含まれているリスティング広告で、ユーザーの興味や関心を持つ広告になっています。
サービスを探す目的で検索を行っているユーザー、商品購入を検討しているユーザーなどがリスティング広告をクリックした時、縦長のウェブページが表示されますが、これはランディングページと呼ぶもので、ランディングとは着地などの意味があります。
リスティング広告はユーザーを引き付ける目的の広告リンクで、ランディングページは着地点と言う事になるわけです。
検索結果ページにしか表示がされないネット広告と覚えておくのがお勧めですが、リスティング広告は特定のユーザーだけを絞り込んで集客している事も覚えておきましょう。
他のキーワードを使って検索を行えば、別のリスティング広告が表示されるなど、ユーザーが求めているものが広告として表示されます。
尚、ランディングページは商品を買って貰うため、サービスの利用や問い合わせ、資料請求を行って貰うためのウェブページで、こうした行動を期待するウェブページになります。

通販のホームページの広告運用について。
ランディングページはサイトURLが分かれば直接アクセスが出来るため、メールマガジンなどの中で紹介が行われているケースもあります。
サイトにアクセスして会員登録をしてくれたユーザーにメールでお得情報を送信する企業や通販店は多くありますが、メールマガジンの中で広告を紹介すればより多くのユーザーを集客出来るメリットもあるわけです。
尚、ランディングページの広告運用はページへのアクセス数の管理、リスティング広告の表示回数やクリック数、コンバージョン数などから得る事が出来るクリック率やコンバージョン率を管理し、必要に応じてランディングページの改善が必要です。

ページ上部へ戻る