リスティング広告にどのようなイメージがありますか?

インターネットでビジネスをする場合、リスティング広告が売上を大きく左右します。しかしリスティング広告について、詳しくイメージできない人もいるでしょう。インターネットをよく使用する人であれば、多かれ少なかれ誰でも目にしているはずです。検索サイトで検索したときに表示される広告を指します。画面の上側や右側に表示されるのが一般的で、検索の邪魔になることはありません。検索サイトは毎日多くの人に用いられています。ビジネスの機会を広げたいのであれば、そこに広告を載せるのは非常に有効な手段といえるでしょう。そのためHPと制作事例を扱った参考書などでも、上手く活用するための説明が載っていることが多いです。

これだけでは、どのような効果があるのかイメージできない人もいるかもしれません。見られる機会を増やすだけなら、他にも多くの方法が考えられます。しかしリスティング広告には、そのような方法にはないメリットがあるのです。それは使用者のニーズを考慮したうえで広告を提示できることです。検索サイトを使用する人には調べたい情報があります。もし商品について調べているのであれば、自社の商品を提示することで購入してもらいやすくなります。また悩みがあって検索しているのであれば、その悩みを解消するサービスを提示すると利用してもらいやすいです。このように検索に使用されたキーワードを手がかりにして、購入を働きかけやすくなるメリットがあります。不特定多数の10人に商品を提示するより、関心がありそうな1人に提示したほうが売上に結びつくことが期待できます。

またリスティング広告とSEOの違いがイメージできないという人もいるでしょう。両者とも検索に大きく関わっており、売上に重大な影響を与えます。しかし両者には明確な違いがあるので注意しなければなりません。SEOでは検索のアルゴリズムによってランキングを付けられます。つまり自分の力が及ばない部分も大きいといえます。どれだけ商品をアピールしたくても、先行している会社やショップを差し置いて目立つのは困難です。しかしリスティング広告であれば、新規に参入する人にもチャンスがあります。コストを支払うことによって、自分で制御することが可能だからです。一般的にSEOほどのノウハウも必要ないため、短時間で成果を得るのにも向いています。最終的にはSEOにも精通するのが望ましいですが、リスティング広告を活用することから始めるのが得策です。

ページ上部へ戻る