コツが必要な飲食店のリスティング広告

リスティング広告は検索にポンポイントな広告を表示するので一般的に利用者が多いとされるジャンルです。ただし飲食店の場合他のジャンルと同じような作りにすると集客効果が薄いとされます。その理由として店舗であるため利用者が限定されてしまうことが挙げられます。ただ全国展開の店であればその点をカバーできます。「はやい」「やすい」「うまい」といったキャッチコピーがあればそれ自体がキーワードとしてヒットするメリットもあります。

小規模営業の場合リスティング広告で効果的なのがキーワードで「地名×業種名」を細かく設定することです。一般的に知られる地名ではなく地元ならすぐわかるキーワードが有効です。またスマートフォン向けの広告が多用される点も注意点です。例えば利用者がスマートフォンで居酒屋を調べる場合他なら「東京・渋谷」といったキーワードにするところをもっと詳しく「道玄坂」とはっきりキーワードとする傾向であるからです。また近くのスポット名をキーワードに入れるのも定番とされます。また時間関係もキーワードに有効で「今から」「これから」といったすぐに行きたい場合や「朝まで」「始発まで」「22時以降」といったキーワード情報も飲食店ならではのリスティング広告の方法です。

健康食品のHPとセールスコピーライティングの場合はリスティング広告というよりそこから先のリンクに多い傾向です。広告で興味を持った利用者が詳しい情報を見るためにクリックするケースが多いためです。よって基本的に情報量が多く画像文字数が非常に多いのが特徴です。セールスコピーとしてベストなのは利用者がクリックした広告専用のページを用意することにあります。また非常に長いので内容の間に購入はこちらとボタンを設置してるケースが多発する傾向です。全て読んで購入だと利用者が萎えるので読んでる途中でも購入できるような作りであるのが特徴です。健康食品のLPの場合これらとは別に注意する点があります。健康食品の表示や広告は薬機法(薬事法)の規制の対象になるからです。因みにインターネットだけでなくてテレビやラジオや雑誌の媒体など様々なところで該当して引っかかることがあります。広告の場合どのような表現が規制になるかが明確になっているので表現には気をつけないといけません。基本的なセールスコピーとしては続きを読みたくなるようなタイトルに始まりセールスマンのように商品やサービスの利用のメリットを挙げる方向となります。

ページ上部へ戻る