ブックメーカーの逮捕者は現在はゼロ

ブックメーカーは日本国内からでもインターネットを通じて取り組むことができます。現に、多くの日本人がブックメーカーを行っていますし、ブログを書いたり動画を投稿している人もいたりします。ただ、当然ながら国内では認められたギャンブル以外は法律で禁止されています。宝くじ、公営競技、パチンコやパチスロなどは合法となっていますが、それ以外でお金を賭ける行為をした場合、当然ながら違法となり逮捕されてしまう恐れがあります。では、国内でブックメーカーに賭けた場合、それも違法になってしまうのか、そして逮捕されてしまうリスクはあるのでしょうか。

まず大前提として、日本でブックメーカーを行ったことによる逮捕者に関しては、現時点ではゼロとなっています。したがって、少なくとも違法という判断はされていないことになりますが、その理由は一体どこにあるのでしょうか。確かに、ブックメーカーに取り組んでいるのは日本国内ですが、運営会社はあくまでも海外を拠点としています。つまり、あくまでも海外が提供しているサービスを利用していることになるので、その国でカジノをプレイしているのと同じ扱いとなります。

当然ながら、海外のカジノで遊ぶこと自体は完全な合法となっているので、ブックメーカーに関しても基本的には同じことが当てはまります。だからこそ、今まで逮捕者は出ていないわけですし、これからも逮捕者が出る可能性は限りなく低いと言えます。ただし、注意しなければいけない点として、もし今後国内で法律が改正された場合は、当然ながらそちらが優先されることになります。もしも、国内でブックメーカーが禁止される法律が制定されたのであれば、それに従わなければなりません。

ページ上部へ戻る