リスティング広告は運用型広告の代表格です

オンラインで商品やサービスを販売するためには、売るための文章である、ランディングページが必要になります。しかし、ランディングページを作り、設置したとしても、集客をしなければ、商品が売れることはほとんどありません。ランディングページに集客をする方法としては、無料のものと有料のものがあります。無料の集客法としてはSEO対策が有名で、有料の集客法としては、オンライン広告がよく使用されています。また、オンライン広告の中にでも、タイプは様々なものがあります。バナー広告では、画像で広告を配置することができますが、いったん画像の設置をすると、広告を出している途中で、変更をかけることができません。それに対して、検索エンジンで表示されるリスティング広告では、広告を運用しながら、キーワードなどを変えることができます。

リスティング広告を出すことで、ランディングページに誘導できるURLを、顧客に宣伝することができます。また、リスティング広告は運用型広告であり、配信後のデータを見ながら、修正をすることが可能です。そのため、何種類かの広告を出しておいて、効果が少ないものの広告文を、効果が高いものに似せることができます。リスティング広告で収集可能なデータは、広告表示回数、クリックされた回数、費用対効果などです。これらのデータを見ながら、広告文や宣伝文句などを変えていき、効果的にランディングページに顧客を誘導できるのが、運用型広告の特徴です。また、ソーシャルメディアでも、最近では運用型広告を出すことができます。しかし、リスティング広告の場合、ソーシャルメディアでアカウントを作成していない人にも、広告を表示することができます。そのため、より多くの人に、広告を配信することが可能です。

リスティング広告とランディングページの組み合わせで、大きな販売額を達成することが、容易にできるようになります。しかし、広告初心者の場合、運用型広告で得られるデータを見ても、改善点が分かりません。自社内に、広告を運用できる人材がいない場合、代行業者に外注することで、リスティング広告の配信が可能になります。外注業者を探すときには、高品質なホームページと相場料金について、知っておくことが重要です。適正なランディングページを知っていると、外注先に対して、的確な修正依頼をすることができます。また、相場料金を知っていることで、広告や集客に、お金を浪費してしまうことがなくなります。そのため、より効果的な商品開発が容易になります。

ページ上部へ戻る